メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

海っ子ねぎ、販売開始から10年目。

ホーム » JA発ニュースブログ » さんぶの農産物 » 海っ子ねぎ、販売開始から10年目。

長ネギの葉っぱの部分です。右から2番目の葉っぱだけ、他の葉っぱより伸びているのがわかりますか?

「(この写真を撮った前日の夕方)同じ長さに切りそろえたのに、こうして生長するんだよ」と生産者さんが教えてくれました。畑から収穫されてもなお葉っぱが伸びる長ネギくん。生命力を感じますね。

※ちなみに、葉っぱが伸びるのは冬の始まり頃の、比較的暖かな日が続く時期だけだそうです。寒さが強くなってくると、この現象は減ってくるそうです。

ということで!JA山武郡市管内特産品の長ネギ!いよいよ収穫の最盛期を迎えます!その中でもJA山武郡市のブランドネギ「九十九里海っ子ねぎ」は11月20日、今季初の出荷となりました!

カゴの中にはたーーーくさんの海っ子ねぎ。白く輝いています★

(JA職員Oくん、写真左)「長峯さん、今年の出来はどうですか?」
(生産者の長峯さん、写真右)「販売開始から10年たつけど、今年は最高の出来かもしれないよ!」

そうなんです、
海っ子ねぎはおかげさまで販売開始から10年目を迎えることができたのです!(涙)

台風による偶然から生まれた海っ子ねぎ。まさに「自然の恵み」ともいえるのではないでしょうか。そんな海っ子ねぎは、1年間だけ生産をお休みしていたこともあるんです。それでも「海っ子ねぎが食べたい!」「海っ子ねぎはいつ出荷されるの?」というお客さまや関係者の皆さまからの声を励みに生産を再開しました。

手間ひまかかる栽培方法などの理由から生産者数が減ってきてしまっているのが現状・・・それでも「待ってくれている人がいるから」と今年も栽培に取り組んだ14人の生産者・・・「楽しみに待ってたよ」「とってもおいしかった」などの皆さまの声が励みです。

九十九里の潮風と生産者の愛情をたっぷり浴びて育った「九十九里海っ子ねぎ」、お近くのスーパーでお見かけの際はぜひ、お手に取ってみてくださいね!(お)

※JAでは農産物直売店「山武緑の風」でお取扱いがございます。
※在庫状況などは店舗にお問い合わせください。


このページのトップへ
Copyright (C)JA-Sambugunshi All Rights Reserved.
ページの終了