メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

次世代育成支援行動計画

ホーム » JAからのお知らせ » 次世代育成支援行動計画

次世代育成支援行動計画

職員が仕事と子育てを両立でき、働きやすい職場環境を作ることによって、その能力を十分に発揮できるようにするとともに、地域の次世代育成支援対策に貢献するため、次のとおり次世代育成支援行動計画を策定します。

1. 計画期間

平成27年4月1日~平成32年3月31日

2. 内容

① 妊娠中の職員及び子育てを行う職員の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境を整えるため、下記の目標を掲げ対策を講じます。

目標1:子どもの出生時に父親が取得できる休暇制度の取得を推進する。
<対策>
●平成27年4月~ 管理職会議及び社内広報誌などによる職員への周知
●平成32年3月末 90%以上の取得を目指す

目標2:妊娠中や産休・育休復帰後の女性職員のための相談窓口を設置する。
<対策>
●平成28年4月~ 相談窓口の設置について検討
●平成29年4月~ 相談員の研修
●平成30年4月~ 相談窓口の設置について社員への周知

目標3:子どもを育てる職員が子育てのためのサービスを利用する際に要する費用の援助を検討する。     <対策>
●平成30年4月~ 職員のニーズの把握、検討開始

② 働き方の見直しに資する多様な労働条件を整備します。

目標1:所定外労働を削減するため、ノー残業デーを設定、実施する。
<対策>
●平成27年4月~ 各部署ごとに問題点・日にちの検討
●平成28年4月~ 管理職会議及び社内広報誌などによる職員への周知、ノー残業デーの実施

以上                               

平成27年4月1日
山武郡市農業協同組合                        


このページのトップへ
Copyright (C)JA-Sambugunshi All Rights Reserved.
ページの終了