メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

農産物(米・麦・大豆)検査銘柄の選択性導入について

ホーム » JAからのお知らせ » 農産物(米・麦・大豆)検査銘柄の選択性導入について

農産物(米・麦・大豆)検査銘柄の選択性導入について

平成25年6月25日改定

 農産物検査に関する国の要領が改正され、平成21年産農産物より、産地品種銘柄は「必須銘柄」と「選択銘柄」に区分され、登録検査機関ごとに選択銘柄を定めることになりました。つきましては、農産物検査に関する基本要領(平成21年5月29日付け21総食第213号総合食料局長通知)1の第2の1の(2)に規定するJA山武郡市での国内産米穀の産地品種銘柄の選択銘柄と必須銘柄は下記のとおりとなりますので、お知らせします。

水稲うるち玄米
区分 品種
必須銘柄 あきたこまち  コシヒカリ  ひとめぼれ  ふさおとめ  ふさこがね
ミルキークイーン  夢いっぱい  ゆめかなえ  夢ごこち
選択銘柄 あきだわら
水稲もち玄米
区分 品種
必須銘柄 ツキミモチ  ヒメノモチ
選択銘柄 マンゲツモチ ふさのもち 峰の雪もち
醸造用玄米
区分 品種
必須銘柄 五百万石  総の舞
普通小麦
区分  品種
必須銘柄 農林61号
選択銘柄 さとのそら
大豆
区分 品種
必須銘柄 サチユタカ  タチナガハ  フクユタカ

 ※大豆の銘柄については、普通大豆及び特定加工用大豆の大粒大豆、中粒大豆のみとなります。


このページのトップへ
Copyright (C)JA-Sambugunshi All Rights Reserved.
ページの終了