メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

【重要!】農薬の使用方法が変更となるものがあります

ホーム » 組合員向け情報 » 【重要!】農薬の使用方法が変更となるものがあります

【重要!】農薬の使用方法が変更となるものがあります

これまで、国が定める各農薬の残留農薬基準値は、ADI(毎日一生食べ続けても健康に悪影響がないこと)に基づいて定められていましたが、これからは、ARfD(短時間に多量に食べた場合でも健康に悪影響のないこと)も加えて定められることになりました。

通常、農薬の登録内容が変更された場合、使用者が所有している容器のラベルの記載どおりに使っていれば問題ありません。
しかし、今回は、残留農薬基準値の変更が伴いますので、変更前の使用基準で農薬を使用していた場合には、残留農薬基準値を超過してしまうおそれがあります

ARfDによる農薬の登録の変更が行われる場合については、申請をする際、その内容をメーカーが公表しますので、変更申請内容にそった使用をしてください(行政指導あり)。

登録変更になった農薬および作物(平成27年12月17日現在)
農薬名 登録作物の削除 登録内容の変更
オルトラン粒剤 ミニトマト、はつかだいこん キャベツ、トマト、きゅうり、なす、ピーマン、はくさい、ブロッコリー、だいこん、かぶ、ばれいしょ
オルトラン水和剤 かんきつ、トマト、ミニトマト、ブロッコリー、なす、だいこん、かぶ、はつかだいこん キャベツ、はくさい、レタス、非結球あぶらな科葉菜類、オクラ、ばれいしょ、未成熟とうもろこし、ぶどう、かき、茶
ジェイエース粒剤 ミニトマト キャベツ、はくさい、ブロッコリー、だいこん、かぶ、きゅうり、トマト、なす、みずな、ばれいしょ
ジェイエース水和剤 かんきつ、トマト、ミニトマト、ブロッコリー、なす、だいこん、かぶ キャベツ、はくさい、レタス、チンゲンサイ、みずな、オクラ、ばれいしょ、ぶどう、かき、茶
ジメトエート乳剤 みかん、夏みかん、かんきつ(みかん、夏みかんを除く)、はくさい、トマト、ピーマン、かぼちゃ、しろうり、かぶ、にんじん、ねぎ、にら、たまねぎ、さやいんげん、さとうきび※、パイナップル※
(※は琉球産経(株)のサンケイジメトエート乳剤のみに適用がありました)
ジメトエート粒剤 だいこん、なす、ねぎ、だいず、畑わさび、わさび
ベジホン乳剤 キャベツ、はくさい、たいこん
オンコル粒剤5 きゅうり、すいか、メロン、なす、なばな、キャベツ、はくさい、だいこん、ブロッコリー、カリフラワー、レタス、ねぎ、わけぎ、ほうれんそう、とうがん、いちご、かんしょ、ばれいしょ、オクラ
グランドオンコル粒剤 きゅうり、キャベツ、ねぎ
ジャッジ箱粒剤 きゅうり、キャベツ、ねぎ
オンコルスタークル粒剤 ねぎ、きゅうり、なす、メロン
オンダイアエース粒剤 キャベツ、はくさい、ブロッコリー、ばれいしょ、ねぎ、すいか、メロン、なす、だいこん
オンコルマイクロカプセル キャベツ、はくさい、ブロッコリー、カリフラワー、レタス、非結球レタス、ねぎ、わけぎ、にら
オンコル粒剤1、ホームガーデン粒剤 キャベツ、はくさい、だいこん、きゅうり、すいか、メロン、なす、ねぎ
オンコルOK粒剤 かんしょ、とうがん、オクラ
ガーデンホスピタル粒剤 きゅうり、すいか、メロン、なす、なばな、キャベツ、はくさい、だいこん、ブロッコリー、カリフラワー、レタス、ねぎ、わけぎ、ほうれんそう、いちご、かんしょ、ばれいしょ、オクラ
ステッド粒剤 ねぎ、だいこん、きく
アドバンテージ粒剤 きゅうり、すいか、なす、メロン、だいこん、かんしょ、いちご、ねぎ、とうがん
ガゼット粒剤 なす、きゅうり、すいか、メロン、とうがん、だいこん、いちご、ねぎ、かんしょ、キャベツ、はくさい、ブロッコリー、ばれいしょ
アドバンテージS粒剤 かんしょ、ねぎ、だいこん
マブリック水和剤20 大粒種ぶどう、トマト レタス
マブリック水和剤EW 大粒種ぶどう
マブリックジェット トマト
ミクロデナポン水和剤85 ぶどう、はくさい
デナポン水和剤50 ぶどう
ルビゲン水和剤 トマト、もも
スペックス水和剤 もも
オサダン水和剤25 いちご
オサダンフロアブル いちご
サンマイトフロアブル トマト、ミニトマト
その他の薬剤
登録内容の変更を申請している農薬および作物(平成27年7月13日現在)
農薬名 登録作物の削除
サイハロン水和剤 かき、ぶどう、非結球レタス
サイハロン乳剤 トマト、ミニトマト
ビリーブ水和剤 かき

※詳しい内容については、最寄りの営農・経済センターへお問い合わせください。


このページのトップへ
Copyright (C)JA-Sambugunshi All Rights Reserved.
ページの終了