メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

【コラム】ストップ!農作業事故(2)

ホーム » 組合員向け情報 » 【コラム】ストップ!農作業事故(2)

ストップ!農作業事故(2)

このページでは、人間工学専門家の石川文武氏による農作業事故に関するコラムを紹介します。
※「JA広報通信」から抜粋した記事です。

始動安全装置(2017年1月号) 

◆始動安全装置

農業機械は原動機を動かして使います。止まっている状態から動くようにしますが、その操作を始動といいます。最近の機械はその前にいくつかの確認動作が必要です。乗用車はクラッチペダルを踏んでいないとエンジンがかからないのと同様に、農業機械でも「原動機の起動時に作用部が作動しないこと」が要求されています。作用部とは、ロータリー、掘削部、送風機などの他、走行部と乗用ちらくたーの独立PTOが該当します。ただし、ロータリー、掘削部、送風機の全てがカバーなどで覆われていたり、危険を及ぼす恐れがないと認められる場合は不要となっています。

乗用トラクターの場合、始動に際し、走行変速が中立であり、主クラッチペダルを踏んでいないとエンジンは回りません。一部のトラクターでは、PTOもオフにすることが要求されています。イグニッションキーを回して、始動できない場合は、これからの確認が必要になります。

コンバインや一部のトラクターで油圧無段変速機を用いている場合は中立位置が不明確になる恐れがあるため、始動時には主クラッチを切った状態にしなければなりません。主クラッチがない場合は、駐車ブレーキをかけておかねばなりません。

刈り払い機のように動力の断続に遠心クラッチを使っている場合には、エンジンのアイドリング回転数の125%を超えない限り刈り刃が作動しないように設定されています。手動で始動させる機械でも変速装置を中立にすることや駐車ブレーキをかけておくことが必要です。

このような装置がなぜ必要かというと、変速ギアがどこかに入っている状態でエンジンを始動すると急発進する恐れがあり、それが人身事故や衝突事故につながるからです。コンバインなどでは、急発進の他に、作用部が急に動くことがあり、事故につながります。刈り払い機でも、スロットルレバーをアイドリング位置ではないところまで上げて始動すると刃が回転し、大けがの恐れがあります。慌てずに安全確認をしてからエンジンをかけましょう。


このページのトップへ
Copyright (C)JA-Sambugunshi All Rights Reserved.
ページの終了