メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

さんちゃん巻き寿司

ホーム » さんぶのさんちゃん » さんちゃん巻き寿司

さんちゃん巻き寿司

さんちゃん巻き寿司
「さんぶのさんちゃん」は、山武地域の郷土料理である「太巻き寿司」をモチーフにしています。
さんちゃん巻き寿司を作ってみませんか?

材料

すし飯(白) 400g すし飯(ピンク) 100g
すし飯(ブルー) 100g すし飯(黒) 40g
のり(全形) 1枚 のり(4分の1) 4枚
のり(2分の1) 2枚 のり(6分の1) 2枚
茶かんぴょう(18㎝) 6枚 黒ゴマ 適量
やまごぼう(2分の1) 1本 青のり 適量
さけるチーズ 1本

作り方

※酢飯の作り方、材料の準備についてはこちら

  1. 眉を作る
    細巻き用の巻きすに1/6海苔の中央にかんぴょうを置き、海苔の両端を中央に折り返します。これを2本作ります。
  2. 目を作る
    1/4海苔を置き、黒すし飯をのせ、手前にさけるチーズの裂いたものを置き、巻きます。そして巻き終わりを米粒で止める。これを2本作ります。
  3. 口を作る
    1/4海苔にやまごぼうを縦半分に切ったものを手前に置き、巻き終わりを米粒で止めます。
  4. ほっぺを作る
    細巻き用の巻きすにラップを敷いてすし飯(ピンク)を50グラムのせます。巻きすの左右をすりあわせるように転がし、18センチの長さの棒状にしてラップを取り、1/4海苔で巻きます。これを2本作ります。
  5. 着物を作る
    1/2海苔の上にかんぴょうを敷き、その上に海苔1/2弱を重ねます。
    ブルーすし飯100グラムを楕円形に巻き、長い方の中央に包丁を入れて切る。
  6. 組む
    巻きすに全形海苔と1/4海苔を縦長に置き、白すし飯100グラムを海苔の中央に7センチ幅に広げます。
    中央を3センチあけ左右に眉を置きます。
    目と目の間と目の上に100グラムの白飯を置きます。
    その上に(中央に2センチあけて)目を置きます。
    口を置き、両側のほっぺにピンク飯を置き、口の上にすし飯を山形に乗せる。
    着物のブルー飯を山に沿わせて重ねて、丁寧に巻き上げます。


このページのトップへ
Copyright (C)JA-Sambugunshi All Rights Reserved.
ページの終了