メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

【組合員の皆さまへ】被災した施設等の記録について

ホーム > 重要なお知らせ > 台風に関する情報 > 【組合員の皆さまへ】被災した施設等の記録について

台風15号の被害を受けた組合員の皆さまへ

台風15号の被災対策として、国の支援事業が創設された場合に備え、被災した施設等の状況について写真の保管をお願いいたします。

撮影に当たっては、

1.撮影日を明確にする

2.被災箇所をすべて撮影する
(例:パイプの曲がりや被覆資材のめくれ等を個別に撮影する)

3.撮影箇所が被災施設のどこか分かるようにする
(例:全景を東西南北4方向から撮影する)

4.施設面積・構造が分かるようにする
(例:間口や奥行き、主要骨材の太さが分かるようにメジャー等と一緒に撮影する)


※栽培施設以外の作業場農機具格納庫耕うん機等の農業用機械の破損についても同様に、写真を保管しておいてください。
※支援事業が実施された場合は、市町の被災証明が必要になります。
※広報誌10月号に折り込みした案内においても「被災証明が必要」と記載していましたが、台風被害の場合、被災証明は必要ありません。

◎詳しくは、各支所、営農・経済センターまでお問い合わせください。


このページのトップへ
Copyright (C)JA-Sambugunshi All Rights Reserved.
ページの終了