メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

JA山武郡市 事業のごあんない

ホーム » JA山武郡市について » JA山武郡市 事業のごあんない

事業のごあんない

JAは、相互扶助の精神のもと、農業を営む組合員によって構成された組織ですが、農家以外の方も准組合員として参加いただいております。

JA山武郡市は、さまざまな事業部門を備えた総合的な事業体であり、農業・地域のメーンバンクとして、組合員・地域の皆さまのくらしを支え、多様なニーズに積極的にお応えしています。

主な事業の内容は以下のとおりです。

■営農指導事業

地域における農業生産力の維持・向上を図る重要な事業です。農業生産に必要な技術的指導はもちろん、地域の農用地を有効に利用するための仕組みづくり、担い手の育成・支援など幅広い役割をになっています。






■経済事業(販売)

組合員が安定した農業所得を確保できるよう、組合員が生産した農産物の集出荷、選別、販売等を担っています。農産物を集荷し、品質の良いものをそろえてまとめて販売することで、卸売市場では良い条件での販売が可能になり、農家の所得向上につながります。
また、品質の良い農産物を消費者へ安定的に供給することにもつながります。



■経済事業(購買)

組合員の農業生産に必要な資材や、生活に必要な物資を共同購入し、供給する購買事業を行っています。優良な商品を計画的かつ大量に購入することにより安価での仕入れを可能にし、また流通経費を削減することで、組合員に安くて品質の安定した商品を供給しています。






■経済事業(直販)

組合員が生産した農産物をスーパーマーケット等の量販店や小売店に直接配送して販売したり、企業との契約販売を行うなど、さらなる販路の拡大に取り組んでいます。
また、管内で4か所の農産物直売店「山武緑の風」を運営し、地元消費者の皆さまへ新鮮・安全・安心な地場産農産物を提供しています。
さらには、地場産の米や野菜・果実を、地元のこども園や小中学校へ供給しています。



■信用事業

貯金・貸出・為替などのいわゆる銀行業務を行っています。
JAバンクは全国に民間最大級の店舗網を展開しているJAバンク会員(JA・都道府県信連・農林中央金庫)で構成するグループの名称で、グループ全体のネットワークと総合力を生かし、地域の皆さまにとって身近で便利で安心なメインバンクとなることをめざしています。





■共済事業

いわゆる保険業務も行っています。民間の「保険」とは違い、組合員をはじめとした特定多数を対象とし、相互扶助(助け合い)の理念のもと、利用者さまの不慮の事故・災害に備え、「ひと」「いえ」「くるま」の総合保障で皆さまのくらしを守ります。





■その他の事業

・高齢者福祉事業
介護支援専門員(ケアマネージャー)が、ご利用者さまやご家族の希望を聞き、住み慣れたご自宅で快適な生活を送ることを基本に、その方に合った総合的なプラン(介護計画)を作成します。また、介護を必要とする方々に居宅介護支援サービス・訪問介護サービスを提供しています。障碍者制度でのヘルパー派遣も行っています。

・利用事業
水稲の育苗センター、ライスセンター、コイン精米機など、組合員の営農に必要な施設や、地域の皆さまもご利用いただける生活に必要な施設・設備を独立採算の原則に基づき運営しています。

・農地利用集積円滑化事業
農地の流動化や集団化の促進を目的に、農地の借り入れや貸し出しなどを行っています。



このページのトップへ
Copyright (C)JA-Sambugunshi All Rights Reserved.
ページの終了