JA山武郡市

文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

トピックス

2021.11.21

「九十九里海っ子ねぎ」出荷開始!

海水をかけて育てるJA山武郡市のブランドネギ「九十九里海っ子ねぎ」の出荷が、11月21日から第三集出荷センターで始まりました。

「九十九里海っ子ねぎ」は、2002年の台風をきっかけに誕生しました。台風による塩害で、沿岸地域で栽培されていた多くの農作物に被害が発生しましたが、ネギだけは枯れず、むしろ味が良くなりました。これに着目したJAと現在の千葉県山武農業事務所が調査・研究を重ね、2006年に商品化しました。

生産者の一人は「今年は台風などの大きな災害もなく、品質の良いネギに仕上がっている。甘さとやわらかさが特長の『九十九里海っ子ねぎ』を、ぜひ多くの消費者に味わってもらいたい」と話しました。

今年度は生産者14人が7.9ヘクタールで栽培に取り組みます。作柄は平年並みで、来年4月中旬までに5万ケース(1ケース5キロ)の出荷を見込んでいます。出荷先は首都圏の市場のほか、インショップ農産物直売店「山武緑の風」などで販売します。

◎「九十九里海っ子ねぎ」の詳細はこちら

▲「九十九里海っ子ねぎ」を集出荷場へ搬入する生産者