メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

広報誌かがやき

ホーム > 広報誌かがやき

広報誌「かがやき」

JA山武郡市の広報誌「かがやき」は毎月1日に発行しています。(1日が土日祝日の場合は変更あり)
「かがやき」は各支所、農産物直売店「山武緑の風」各店にございますので、ぜひ一度ご覧ください

※このページでは、広報誌「かがやき」の一部を掲載しています。

2018年11月号ニュース:生育中の農作物に打撃 -台風24号が大きな被害をもたらす-

JA山武郡市管内では、9月30日から10月1日にかけて上陸した台風24号が、多くの農作物や農業施設に被害をもたらしました。

沿岸部を中心としたネギの圃場では、暴風の影響で葉折れや倒伏が多発。ビニールが破れ、作物に大きな被害が発生したビニールハウスも多数あります。

暴風により海水が巻き上がり、塩分を含んだ雨や風が農作物に被害をもたらす「塩害」も発生し、内陸部ではニンジンの葉先が枯れるなど露地野菜への影響も懸念されます。

JAでは、組合員にいち早く営農情報を伝えるため、今年から開始した組合員向けの営農情報メール配信サービスを活用し、管内の主要品目における台風後の管理方法を発信しました。

また、被害を受けた組合員に対する支援策として、低金利の融資「農家緊急応援資金」の受け付けを12月28日まで行っています。

2018年11月号トピックス:おにぎりで地元の新米をPR

大網経済センター水稲部会は9月29日、地域の消費者に地元産の新米のおいしさをPRしようと、農産物直売店「山武緑の風」大網店で新米フェアを大網白里市と共催で開きました。

当日は、市東久幸部会長をはじめ、部会員、JA職員らが、地元で収穫された新米「みずほの輝き」を使ったおにぎり500個を来店客に無料で配布しました。

来店客は「地元でこのようなお米が作られているとは知らなかった。初めて食べるのでどんな味がするのか楽しみ」と笑顔を見せました。

2018年11月号トピックス:青年部睦岡支部 ソフトボールで2年連続関東大会へ出場!

第41回JA関東甲信越地区青年部親善球技大会「ソフトボールの部」に、青年部睦岡支部が県を代表し、2年連続で出場を果たしました。

神奈川県代表(JA横浜)と対戦し、6-5で初戦を突破!惜しくも2回戦で敗れましたが、選手の皆さん大健闘し、関東甲信越大会では初となる1勝を勝ち取りました。

     

    

    

お知らせ

    記事はありません。


このページのトップへ
Copyright (C)JA-Sambugunshi All Rights Reserved.
ページの終了