メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

広報誌かがやき

ホーム > 広報誌かがやき

広報誌「かがやき」

JA山武郡市の広報誌「かがやき」は毎月1日に発行しています(1日が土日祝日の場合は変更あり)。
「かがやき」は各支所、農産物直売店「山武緑の風」各店にございますので、ぜひ一度ご覧ください

※このページでは、広報誌「かがやき」の一部を掲載しています。

2019年9月号トピックス:睦岡支部が3年連続優勝!

青年部は7月9日、支部対抗のソフトボール大会を松尾運動公園(山武市)で開きました。

5支部が出場し、グラウンドには声援を送りあう部員たちの声が響きました。睦岡支部は決勝戦で芝山支部に勝利し、3年連続で優勝を飾りました。

睦岡支部は7月26日に八千代市で行われた千葉県大会に出場し、見事優勝しました。同支部は、10月に新潟県で行われる関東甲信越大会に千葉県代表として出場します。


2019年9月号トピックス:JA運営に女性の意見を

女性部は7月18日、JA役職員との相互理解を深めるための対話集会を本所で開きました。

女性部の各支部長、JA役職員ら26人が参加。女性部員からは、JAの事業運営に関する要望や質問が挙がりました。それを受け、JA役職員はJAの方針、将来の展望を踏まえた回答や意見を述べました。

小川芳夫組合長は「JAを運営する上で、女性の視点や感性は欠かせない。今後もお互いに理解を深めていきたい」と話しました。

2019年9月号トピックス:令和元年産米の集荷始まる

8月19日から令和元年産米の初検査が始まりました。JA山武郡市は管内8カ所の検査場所で初検査を行い、1,895袋(1袋30キロ)を検査しました。

当日は初検査に合わせ、検査員の目揃え会を成東特産センターで開きました。農産物検査員、JA全農ちばの職員ら30人が参加し、検査基準を確認しました。

JAは今年、新たに農産物検査員を3人増員し、55人が検査を行います。今年産は約29万俵(1俵60キロ)の集荷を見込んでいます。

お知らせ

    記事はありません。


このページのトップへ
Copyright (C)JA-Sambugunshi All Rights Reserved.
ページの終了