メニューへジャンプ 本文へジャンプ
本文の開始

広報誌かがやき

ホーム > 広報誌かがやき

広報誌「かがやき」

JA山武郡市の広報誌「かがやき」は毎月1日に発行しています(1日が土日祝日の場合は変更あり)。
「かがやき」は各支所、農産物直売店「山武緑の風」各店にございますので、ぜひ一度ご覧ください

※このページでは、広報誌「かがやき」の一部を掲載しています。

2019年5月号ニュース:第8次中期経営計画の設定など9議案が可決~第24回通常総代会

JA山武郡市は3月28日、東金文化会館(東金市)で第24回通常総代会を開きました。

総代523人のうち、481人が出席(書面出席230人を含む)。議長は、大平支所管内の髙知尾衛総代が務めました。

当日は、第8次中期経営計画の設定や会計監査人の選任など9議案が可決されました。

出席した総代からは、有価証券運用に関する質問が挙がりました。

可決された議案は、以下のとおりです。

1.定款の一部変更について
2.規約の一部変更について
3.監事監査規程の一部変更について
4.信用事業規程の一部変更について
5.会計監査人の選任について
6.第24年度(2018年度)事業報告及び剰余金処分案の承認について
7.第8次中期経営計画の設定について
8.第25年度(2019年度)事業計画設定について
9.第25年度(2019年度)における理事及び監事の報酬について
附帯決議2件

2019年5月号ニュース:総代永年功労者13人を表彰~功績を称え感謝状を贈呈~

JA山武郡市は3月28日、第24回通常総代会の開会前に「総代永年功労表彰」を行いました。

この表彰は、JA山武郡市の総代として、長年にわたり連続して務めた組合員の功績に感謝の意を表すため、本年度より開始しました。

本年度は、JA山武郡市が設立された平成7年3月から現在に至るまでの間、8期(24年)連続して総代に就いている正組合員13人が功労者に選ばれました。

当日は10人が出席し、小川芳夫組合長が感謝状と記念品を贈呈しました。

表彰を受けた13人は以下のとおりです(敬称略、カッコ内は地区名)。

南部 昌(片貝)、小川 英俊(片貝)、並木 茂男(片貝)、戸辺 善夫(片貝)、齊藤 和(豊海)、中嶋 敏男(日向)、高橋 好則(南郷)、押尾 定明(蓮沼)、中山 彦郎(松尾)、増田 操(丘山)、八木 優志(増穂)、古内 保一(白里)、糸日谷 猛夫(白里)

2019年5月号トピックス:今年も農業塾を開講しています

JA山武郡市は昨年に続き、農業塾(ネギ栽培編)を開講しました。3月13日に本所で第1回を開き、ネギ栽培の未経験者や2~3年の経験者32人が参加しました。

JAの営農指導員と山武農業事務所職員が講師を務め、作型や品種、必要な農業機械、経営試算などを説明しました。また、実際にチェーンポットを使った播種作業の実習を行いました。

参加者は「実際に作業を体験でき、栽培の疑問や悩みも質問できるので、とても勉強になる」と話しました。

お知らせ

    記事はありません。


このページのトップへ
Copyright (C)JA-Sambugunshi All Rights Reserved.
ページの終了